センター紹介 臨床研究部

臨床試験監理室

臨床試験監理室とは

研究者主導臨床試験の適正な実施を目的として、臨床研究の品質管理及び研究支援体制に関する点検に係る業務を行います。

雪吉 歌小里
岩本 高行
原賀 順子

当院は2017年に厚生労働省より医療法上の臨床研究中核病院の認定を得ました。
臨床研究中核病院には、革新的医薬品の開発等に必要となる質の高い臨床研究や医師主導治験を推進すること、さらにその推進の中心的な役割を担うことが求められています。

臨床試験監理室は、臨床研究中核病院として求められる臨床研究の品質管理及び研究支援体制に関する点検など、適正な研究実施と実施体制の構築に資する業務を行います。

1.研究支援部門の業務手順書の管理

新医療研究開発センターの職員が研究支援業務において使用する業務手順書の管理を行います。

2.臨床研究の点検

院内で実施される特定臨床研究等について、研究が適正に実施されているかを点検し、その結果からより適正な実施に向けた研究者へ情報提供、意見共有を行います。

3.臨床研究を支援する職員の業務円滑化、業務軽減に資する活動

より適正な臨床研究の実施を目的として、研究者以外の臨床研究を支援するスタッフを対象とした教育機会、実施支援ツールの提供等を行います。