センター紹介 次世代医療機器開発部

次世代医療機器開発部とは

健康で生きいきと生活するためには、医学、歯学のみならず、看護、介護、リハビリテーションといった生活の質(Quality of life:QOL)を高めるための医療も欠かせません。次世代医療機器開発部は、このような医学をとりまく「次世代医療」を実現する医療機器の開発を支援する部門として新医療研究開発センターに設置されています。

次世代医療機器開発部 部長
櫻井 淳 講師

研究者や企業で研究開発されている医療機器について、薬事の視点から開発をスムーズに行うための助言や指導を行います。また医療機器開発人材の育成プログラムとして、AMED国産医療機器創出促進基盤整備等事業において、「次世代医療機器開発プロフェッショナル育成プログラム」を企画、運営しています。

医療機器開発 イメージ01医療機器開発 イメージ02医療機器開発 イメージ03

本プログラムでは、医療機器開発に必要な知識の修得に加え、医療現場の見学や医師との意見交換も設定しており、企業における技術シーズと医療現場のニーズのマッチングによる新たな医療機器創造の場となることを期待しています。
また、プログラム修了後、企業で実際に医療機器を開発する段階になった際は、実用化までに必要となる治験の実施等を岡山大学病院でサポートすることが可能です。
本プログラムの実施により、産業界と医療現場の連携をより一層強化するとともに、国内外の医療ニーズを満たす医療機器開発の推進を図ります。

次世代医療機器開発プロフェッショナル育成プログラム/事業化促進プログラム(ポートフォリオ)

イメージ

育成アドバンスコース要項

次世代医療機器開発プロフェッショナル幾育成プログラム 修了証