センター紹介 臨床研究部

臨床研究部とは

臨床研究のさまざまなステップに関し、研究者が諸般の指針・規制に沿って研究を適正かつ円滑に進められるよう支援体制を強化し、実践する部門です。

(部長)
堀田 勝幸 教授

(スタッフ)
枝園 和彦
宮本 聡
宮脇 義亜

(看護・介護研究推進室)
坂本 陽子
谷村 弥生

  • 概要
国内で行われている研究者主導臨床研究の多くは、人的・経済的なリソース不足から十分な研究体制が整わず、関連規制に準拠する形での実施が困難であったり、データの信頼性確保が不十分であるなど、さまざまな問題を抱えているのが現状です。

これらを克服し、臨床研究力の底上げと新たな医薬品・医療機器・医療技術の臨床実装を目指して、新医療研究開発センター(ARO研究支援)では、臨床研究の立案から研究計画書等の作成、モニタリング、データ解析および論文作成等の様々なステップの支援を行っています。特に臨床研究部では、臨床研究の骨子作成、指針・臨床研究法への適合性判断、倫理申請に関する相談および研究開始後に生じた様々な問題に関する相談を受け付けています。

  • 倫理承認後のレクチャー資料

特定臨床研究の実施におけるモニタリングについて(学内限定)
認定臨床研究審査委員会(CRB)承認後の手続き等について(学内限定)
研究代表者アクションリスト 【特定臨床研究(多施設用)】(学内限定)
重大な不適合事案の一例(学内限定)

  • Q&A

特定臨床研究よくあるお問合せQ&A1.0版(学内限定)