センター紹介 臨床研究部

臨床研究部とは

臨床研究のさまざまなステップに関し、研究者が諸般の指針・規制に沿って研究を適正かつ円滑に進められるよう支援体制を強化し、実践する部門です。

臨床研究部 部長
堀田 勝幸 教授

スタッフ
伊東 孝
岩本 高行
丸山 貴之
宮本 聡
竹内 康人
廻  勇輔

日本国内で行われているアカデミア主導臨床研究の多くは、十分な研究体制が整っておらず、データの信頼性の担保が困難であったり、あるいは、関連規制に準拠する形での研究実施が人的・経済的なリソースが担保できなかったり、様々な問題を抱えているのが現状です。

これらを克服し、諸般の指針・規制と照らし合わせながら、各研究者が研究を適正に進められる事を目指して、院内各種臨床研究における立案、プロトコル作成、モニタリング、データ解析、論文作成など、さまざまなステップに対する支援体制を強化し、実践いたします。ひいては、当院の臨床研究力の更なる底上げを目指します。

また、中央西日本臨床研究コンソーシアムを基盤に、院内外の研究者が多施設で協力して臨床研究を実施できるプラットフォームづくりや、その実質的な活用の支援にも着手しており、同地区におけるCIN(クリニカル・イノベーション・ネットワーク)の構築を積極的に推進しています。

一例として、低頻度の分子異常を有する肺癌の前向き観察研究(UMIN000017003)の運営事務局支援を行い、2015/2~約1年半で、腫瘍組織検体を含めた肺癌患者さん1000例を超える中国・四国地区レジストリ構築に携わりました。