センター紹介 橋渡し研究部

橋渡し研究支援室

橋渡し研究支援室とは

AMEDの橋渡し研究の中国四国地方の拠点として、研究シーズの発掘、育成から事業化までのステージアップを支援いたします。

神川 邦久  教授
丹  浩伸  教授
住田 能弘  SRM
菊池 崇   SRM
岩根 理   SRM
森田 滋   SRM
桑野 友彰  SRM
嵯峨山 和美 准教授
杉元 理恵


※SRM:
シニアリサーチマネージャー

橋渡し研究支援室では学内外の研究者の⽅々の優れた新技術・シーズを発掘・選定し、それぞれのシーズについて研究開発を積極的に支援しております。
承認登録されたシーズは、基本情報、プロジェクトの進捗を管理しており、その中でも拠点として採択されたシーズA、AMEDへ申請するpreB/シーズB、preC/シーズCに関しては、プロジェクト マネージャを任命し、それぞれ必要な支援を⾏っています。

橋渡し研究支援室では、常にAMEDをはじめとする各種公募情報、企業からの公募情報やWish List/Needs Listなどの情報収集と、岡大コネクトボード (Okadai Connect Board: OCB) からの情報発信を行い、また各大学・機関と意見交換を⾏い、四国・中国地⽅を中⼼とした各地域からのシーズの探索を行っております。
是非シーズのご提案がある先生、研究者の方々は、橋渡し研究プログラム (TR-SPRINT) から申請をお願いいたします。

橋渡し研究支援室 イメージ

お問い合わせ

橋渡し研究支援室

TEL:
086-235-7019
E-mail:
kenkyuu-seeds-hyouka@adm.okayama-u.ac.jp