センターについて ご挨拶

高度な医療を優しく提供し、優れた医療人を育てます。

センター長 金澤 右 センター長
金澤 右
新医療研究開発センターは、健康・医療イノベーション創出を実現するために基礎研究段階から実用化までシームレス(継ぎ目のない)なプロセス実現を目指しています。2010年設立以来、医療技術革新や研究開発環境の変化にも迅速に対応し、成果をあげて社会に貢献できるよう組織体制、設備、規約などを最適化してまいりました。
 
当センターは岡山大学病院の基本理念である「高度な医療をやさしく患者様に提供し、かつ優れた医療人を育成する」を実践するための組織であり、臨床研究・治験・橋渡し研究・医療機器創出を総括的に企画・推進しています。また、次世代に向けた新たな医療(再生医療、遺伝子治療、細胞治療、最新医療機器、など)を開発し実用化までを総括支援。
また、高い品質を維持するために「生命倫理審査委員会」を設置するなど、研究をはじめ病院運営、利益相反管理など幅広い視点から厳格で透明性の高い監査プロセスを構築しました。
 
2015年は「岡山大学バイオバンク」の設立、新医療センターによるQMS体制構築、更なるネットワークの強化、海外オフィス開設など岡山大学として大きくスケールアップした年となり、2016年にはARO・バイオバンク連携事業として事業化(自立化)のステージに入りました。そして2017年3月には、これまでの事案で蓄積した成果が評価され、中国四国地方で唯一の医療法上の「臨床研究中核病院」として厚労省より認定されました。

 さらに、本院は中国・四国200床以上の83病院、3万3000床を備えた「中央西日本臨床研究コンソーシアム」を形成し、橋渡し研究の拠点として、製薬企業や研究機関へ積極的なアプローチを進めています。また、中国・四国地区の大学病院や関連病院との連携により“メガホスピタル”を形成し、アカデミア拠点とのネットワークを駆使して創薬・医療機器の開発に努めます。

医療イノベーションにおいて10年以上の改革推進によって培われたスキルと経験は、今後難しい課題に直面しても、適時適格に解決できるコアコンピテンシーとなります。新医療研究開発センターは岡山大学理念である「知の創生と的確な知の継承」を高い次元で実現してまいります。